×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



Honda 2XAK-250 (ホンダT360のプロトタイプ)

 

 
Home
What's New
試作車一覧
各試作車の開発の経緯
Sports360(S360)
Sports500(S500)
T360(AK250) 
参考文献一覧
Link
三妻自工Blog

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 



ここで紹介するのは、T360の試作車のセカンドバージョン、「2XAK-250」です。
残念ながら『技研に於ける4輪開発の経過』(芸文社 Nostalgic Hero Vol,88に掲載)には、2XAK-250に関する記述が殆どないため、開発の経緯など詳しいことは判りません。
もし2XAK-250に関する記述がある資料をご存知の方がいらっしゃいましたら、是非ご教示下さい。



〔開発目標〕
・XAK-250の熟成
・第9回全日本自動車ショーへの出展

この2点は間違いないと思う…。
 
〔車輛の種別〕   
・軽自動車(軽規格のトラック) 

〔設計員〕
・プロジェクトリーダー …中村良夫
・エンジン        …久米是志 / 森幸照
・トランスミッション   …栗原清
・エクステリアデザイン…木村譲三郎
  
〔車体の概要〕
・エンジン本体、シャシー本体、ボディ …個々の改修以外はXAK-250を踏襲していたと思われる。 
 
(クリックで拡大表示)
(2XAK-250の二面図:ホンダの社内報 FLYING 32 P60より引用) 

「諸元表」


● 寸法

全長         2,990mm
全幅         1,294mm
全         1,552mm
ホイールベース   2,000mm
最低地上高      160mm
荷台寸法長         1,373mm
荷台寸法幅         1,162mm
荷台寸法           400mm

● 重量

車輛重量       550kg
積載重量       350kg
乗車定員        2名

● 性能

最高速度      100km/h
登坂能力       1/4
最小回転半径   4,200mm
 

● エンジン

エンジン型式      水冷直列4気筒4サイクルDOHC形式
ボア×ストローク     49×47mm
総排気量            356cc
圧縮比             9.5
最大出力         30PS/8,500rpm
最大トルク         2.7m-kg/6,000rpm
燃料タンク容量        20L
バッテリー         12V 35AH

● 走行伝導装置

クラッチ           乾燥単板(ダイヤフラム形式)
変速機          前進4段(2.3.4.シンクロ) 後進1段
ステアリング形式     リサーキュレーティングボール式
ステアリング歯車比   1:15
ブレーキ形式       リーディングトレーリング形式油圧ドラムブレーキ
フロント支持方式    ウィッシュボーン・コイルスプリング
リア支持方式      セミ・エリプス・リーフスプリング
タイヤサイズ 前     4.50-12-4PR
タイヤサイズ 後     4.50-12-4PR

  
〔車体の外観〕
(クリックで拡大表示)

(2XAK-250の右側面:出典不明)

(左側面:カーマガジン1962年12月号P55より引用)
 
※ この画像は、著作権法第32条の規定に基づき「批評・研究のための引用」を行ったものです。
著作権者の許諾を得たものではありませんので、著作権法の例外を除き、複製、アップロード、頒布などは厳禁とします。   

○車体の詳細については、Honda T360(XAK-250・2XAK-250)に関する研究・考察にページをもうけて解説していますので、ご参照下さい。
 
〔開発の経緯〕 
・2XAK-250の開発が始まった正確な時期については残念ながらわからないが、恐らく1962年6月5日に催された第11回全国ホンダ会が終わったあと、あるいは早くてもXAK-250の設計図ができあがった3月初旬から4月末以降と思われる。
・XAK-250がそうであったように、2XAK-250も第9回全日本自動車ショーに向けて突貫作業で開発・組み立てが行われたと推測される。
・2XAK-250のボディや機関関係には、T360の市販モデルとの相違点がたくさんあるため、より市販モデルに近い試作車(3XAKなど)も存在したのではないだろうか。  

 


Home

Return

前の試作車
XAK-250

次の試作車
TAS-260
..
This Page is not related with HONDA Corporation and any makers.
Since January 01, 2007
Copyright (C) mizma_g 2007-2009 All Rights Reserved.